支援・協賛のお願い

支援・協賛のお願い

クラウドファンディング終了後も、皆さまからの支援は途絶えることなく、5月末の時点で、合計23名(団体)から、1,790,000円が集まっています。ありがとうございます。

引き続き、個人の方々からの支援、そして企業からの協賛を募集します。
『銀座に特別な思い入れがある』、『日本の職人文化を世界に発信したい』、そんな皆さまのサポートをお待ちしています。よろしくお願い致します。

支援・協賛に関するお問い合わせは、こちらへ


(専用口座)
銀行口座:みずほ銀行 大井町支店 (普通)2285206
口座名:銀座映画の会  カナ表記:ギンザエイガノカイ

銀行口座:ゆうちょ銀行 〇一八(セロイチハチ)支店 (普通)9281990
口座名:銀座映画の会  カナ表記:ギンザエイガノカイ

(鈴木)

撮影スケジュール変更のお知らせ

撮影スケジュール変更のお知らせ

プロデューサーと話し合い、製作スケジュールをおよそ1ヶ月半ずらすことにしました。

当初、『撮影を開始するだけの資金が集まったら、5月末から撮影を始めつつ、並行してさらに支援を募る』という計画でしたが、撮影が難しくなる梅雨の時期を利用して、企業からの協賛を得られるよう働きかけます。(すでに3社と協議中です)

整理すると、
7月頭までを、企業との交渉期間とし、映画の全体予算を確定します。
撮影は、7月半ば開始を想定していますが、追ってまた確定したスケジュールをお伝えします。

撮影時期はずれますが、完成は2017年末で変更はありませんので、ご安心ください。

(鈴木)
 

朝日新聞に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

少し前のニュースになりますが、記録として。
5月24日付けの東京新聞夕刊に、このプロジェクトの記事が大きく掲載されました。簡潔ながら、本質を掴んだ記事だと思います。ありがとうございました。

実は、この記事を読んだ銀座の某企業からすぐに連絡があり、3日後には顔合わせというスピーディーな展開に。何らかの形でサポートして頂けることになりそうです。詳細が決まりましたら、発表させて頂きます。

(鈴木)

皆さまからのご支援について

皆さまからのご支援について

映画資金の募集《第1弾》として始めたクラウドファンディングは、わずか1ヶ月ほどの募集期間にも関わらず、166名の方から427万円もの温かいご支援を頂きました。これで無事に映画製作を始動させることが出来ます。
皆さま、ありがとうございます。

引き続き、皆さまからのご支援、企業の協賛を募集しています。
ご協力頂けるという方は、下記口座へのお振込みをよろしくお願いします。
収支につきましては、定期的にこのウェブサイトを通じて報告させて頂きます。

 

 銀行口座:ゆうちょ銀行 〇一八(セロイチハチ)支店 (普通)9281990
 口座名:銀座映画の会  カナ表記:ギンザエイガノカイ

 銀行口座:みずほ銀行 大井町支店 (普通)2285206
 口座名:銀座映画の会  カナ表記:ギンザエイガノカイ

 

※銀行振込をされた方は、下記メールアドレスまで「お名前」「住所」「電話番号(任意)」をご連絡ください。
ginzaeiga[at]gmail.com ([at]の部分は半角英数字の@に置き換えたアドレスにしてください。)

※10,000円以上のご支援を頂いた方は、映画のエンドロールにお名前を掲載致します。「エンドロールへの掲載の可否」「掲載する場合のお名前(ニックネーム可)」をご連絡ください。

※領収書の発行をご希望の方は、「領収書の宛名」もお知らせください。

(鈴木)

応援メッセージ #03 ロングバージョン

応援メッセージ #03 ロングバージョン

ライトパブリシティの杉山恒太郎社長からの応援のメッセージ、ロングバージョンです。

杉山さんが、「やっと銀座人の仲間入りが出来た気がする」「毎日、銀座にいられることが楽しい」と少年のような笑顔で話されているのが印象的でした。広告界の大御所にとっても、銀座は特別な場所だということが伝わってきます。


クラウドファンディングのために始めた応援メッセージは、これで一旦終了させて頂きます。
今後は、銀座に縁のある方々にじっくりとその魅力を語って頂く、ロングインタビューを定期的に掲載していく予定です。ご期待ください。


(鈴木)