広告業界では知らぬ人のいない、ライトパブリシティの杉山恒太郎社長からのメッセージです。杉山さんとは、銀座のとある店のご主人を通してお近づきになりました。
 

「ピカピカの一年生」「サントリーローヤル "ランボー"」「セブンイレブンいい気分」など、名作CMを数多く作った、いわば広告界の大御所。銀座のお店のカウンターに座ると、杉山さんのような方とも上下を意識せずに話せるというのが魅力のひとつです。

そして、杉山さんが社長を務めるライトパブリシティは、「日本最初の広告制作専門会社」として銀座に設立された会社であり、設立メンバーには、東京オリンピックのあの有名なポスターをデザインした亀倉雄策氏の名前が。

ここで【重大発表】!

そのライトパブリシティが、銀座のドキュメンタリーのロゴとポスターをデザインしてくれることになりました! 杉山さん、ありがとうございます! どんな素敵なデザインになるのか、今から楽しみです。

(鈴木)